私の海外旅行初体験!温かい人々との出会いで成り立った私の旅行記

情熱の国スペインへへ初めて行ったのは私が19歳の時でした。
友人がスペインに留学しているということを知り、高校時代の友人と共にバックパック一つを持ち友人宅へお世話になることになりました。
しかしある事情で留学中の友人は日本へ帰国。
チケットをキャンセルするものもったいなかったので、スペイン語も英語すらも話せない私たちは2人で行くことになりました。
飛行機は夜中に到着する便だったので、最初の日のみホテルを日本で予約しました。
そのあとの1週間はホテルも何も決めていなかったので本当に冒険でした。
まずはマドリード。
日本とは全く違う文化に触れ、見るものすべてが新しくとても刺激的だったのを覚えています。
続いてセビリア、グラナダ、マラガ、バルセロナとバスや電車を乗って移動を重ね、行く都市それぞれでの出会いにも恵まれ、とても楽しい旅行を楽しくことができました。
中でもグラナダで出会った日本人留学生の方々には本当にお世話になり、今回の旅行が楽しかったのは彼たちに出会ったからと言っても過言ではありませんでした。
最後の日も貧乏旅行だったため、空港泊をしていたところ、一人のビジネスマンが声を掛けてくださり、搭乗時間まで約6時間、一緒にカフェテリアでお話をしてくれたんです。
歴史ある建造物、ローカルフード、ローカルの人たちとの交流、スペインでしかできないこと、たくさんのことを経験し、今までにはない特別な旅行になりました。
若いうちは旅をするのは絶対におすすめ。
たくさんのことを知り、世界観を広めるチャンスがいっぱいあります。
外貨両替宅配

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*